ビジネスシーンでも活躍するハイヤー

大企業にもなると商談先の相手の役員を迎えて視察をしてもらったり、あるいは商談そのもので自社に役員を招いたりする機会は多くなってきます。このような場合に社用車だけで対応できればそれに越したことはありませんが、単なる営業車のような車両をあてがっては相手に失礼にあたる場合があります。やはり相当の礼節をもって迎えていることを相手に示す意味でも、よりグレードの高い車両で心地よく移動の時間までも楽しんでもらうための心配りが重要となります。

このようなシーンで活躍するのにもぴったりの乗り物がハイヤーです。事前知識のない人にとってはタクシーとハイヤーの違いもわかりにくいかもしれませんが、ハイヤーは完全予約制というのが原則であり、街なかで挙手をすればその場で停車し、誰でも乗せてもらうことができるタクシーとは利用形態がかなり異なります。ハイヤーの場合はあくまでも予約のあった用途専用の移動手段になっており、たとえば他社の役員を送迎するのであれば、その役員専用のプライベートな空間として機能します。

タクシーのなかには外観が黒塗りでハイヤーに似たものも確かにありますが、座席シートやアームレストなどの内装、Wi-Fiルーターなどの車内設備を見れば、その充実度とグレードの高さからやはり別物だということがよくわかります。車内はゆとりのある広さであるのはもちろん、トランクなども比較的大きめにつくられていますので、海外からやってきたゲストを送迎する際にも、旅行用のスーツケースを入れるのに手間取ることがありません。このようなハイグレードの車両がハイヤーに用いられていることによって、長時間にわたる工場などの視察や、あるいはゴルフでの接待などのための頻繁な移動であっても、疲労を誘うことがなく、安心して乗車してもらうことができるのがハイヤーの強みといえます。

もちろん目的地への移動後、その場所での用務が終わるまでは車両も乗務員もそのまま待機していますので、いつでも好きなときに出発することができます。臨機応変に予定を変更して移動するような場合であっても、乗務員が適切な対応ができるところもハイヤーならではの特徴です。またハイヤーの乗務員はかなり難易度の高い選考を突破してその職務に就いた人が多く、外国語会話ができるなどの運転以外の特技を身につけていることが多いのもポイントです。外国から要人を迎える場合などにも、その任務に適した人材を配置できるところも大きなメリットです。