外国語にも対応できるハイヤー

賓客をもてなすための送迎の手段としてはいろいろなものがあります。大手の会社や官公庁などであれば、専用の社用車や公用車をすでに組織として自前で保有していることが多く、運転手も雇用されていることから、そのまま自社の車両などを転用してしまえば問題はありません。後は車両の予約状況などの内部的な調整だけで済む話ですが、自前の車両を持たない場合には多少考えなければならない部分があります。

相手が単なるビジネス上のつきあいであれば、タクシーを手配するという手段もあるでしょう。タクシーはたしかに便利ですが、どちらかといえば、街中で他の移動手段がない場合に、個人的な利用にとどめる場合に用いられるのが一般的です。しかし、ゲストに歓迎やおもてなしの心を伝えるためには通常とは異なる手段をとる必要があります。誰が利用しても同じ車より、そのゲストのことを考えてプランニングされた車が用意されていれば、喜ばれることも多く、相手も歓迎されている実感が得られます。それがハイヤーです。

ハイヤーは、出発地から目的地までをダイレクトに結ぶことができる乗り物の一つです。会社でも役員クラスに専属で宛がったり、外国からの賓客を空港へ迎えたりするシーンでよく使用されています。タクシーでも予約をする場合がありますが、ハイヤーの場合は完全な予約制になっており、誰もがいつでも気軽に利用できるというものではなく、特別感があります。

またセキュリティーが厳しい施設に向かう場合にも、事前に運転手や車両番号が特定できなければ入庫を許さない取扱いをしていることがあり、このような場所でも完全予約制のハイヤーが大活躍しています。もちろんハイグレードな車両を使用し、運転手自体の質も確保されていますので、格式を重んじる場面にはぴったりです。

最近のハイヤー会社では英語をはじめとする外国語に対応できる人材を多数抱えています。さらに日本へ観光に来た外国からのゲストのために、ドライバー自らが観光地の案内をするというサービスもあります。空港などへの送迎を考えてみると、外国からやってきた賓客に乗車してもらう機会が多いことは容易に見込まれますので、観光地の案内サービスは役に立ちます。安全運転に配慮した技能を持つドライバーというだけであれば他の手段も考えられますが、外国語でのやり取りにも対応できる人材が乗務員となっている乗り物といえば、やはりハイヤーをおいて他になく、有益に活用することができるものとなっています。